読売エージェンシー社員の、担当業務の紹介と仕事への想い、OFFのすごし方など

ダイレクト・マーケティング

写真:扇崎 典子

第一営業局 営業二部 扇崎 典子

  • OFFICIAL
  • PRIVATE

女性用通販サイト「こだわり小町」の店長をやっています。

当社で運営している通販サイトの「大手町モール」のデザインとコンテンツ企画、制作業務をはじめ、読売新聞紙面&「YOL(YOMIURI ONLINE)」上での、自社記事や広告のコーディネート業務に携わっています。また、女性用通販サイト「こだわり小町」店長として、PRと商品のバイイング、「こだわり小町」サイトの更新、「YOL・大手小町」編集部と連動してオリジナル商品の開発とブログ記事のライティングをしています。“商談”と“制作”の両方をこなすことによって、クライアントやメーカーの意向を媒体に反映させやすくなっていると思います。商談時の親しみやすさと制作スピードの早さには自信あります!
世の中のトレンドを知るのと同時に、読者の方々のニーズに合った企画やデザインをもっと研究して、望んでいるものをご提供できたらと思い、日々努力しています。

イメージ写真

 “産みの苦しみ”の先にあるもの。

仕事の大小に関係なく、ロマンや希望や空想を“形”にするという、白紙から始まって産みの苦しみを経てから、最後に具現化する瞬間。ここにこの仕事の面白さがあると思います。サイトのデザインを変えることによって如実にPVや売上が上がる時や、自分の個性を保ったものが、媒体に露出して成果がでた時にはやり甲斐を感じますね。そして仲間との連携プレーです。マーチャンダイザーが買い付けた商品を、皆で見せ方の企画を練り、WEBに落としこみ、成果が出た時など本当に達成感を得ることができます。
これからも私の得意分野、任されている持ち場、これをトコトン掘り下げていこうと思っています。思考回路をフル稼働させてスピード感もって仕事に取り組んでいきたいです。

イメージ写真

一番、は“思いやり”です。

“思いやり”が大事だと常に心がけています。優しくある、という一辺倒の目標ではなくて、常に相手の立場に立って進行したい、と思っています。買う人、見る人、メーカーさんや広告媒体、共同事業者の読売新聞社、記事を読む人・・・。その多くで顔や姿は見えないけれども、たくさんのさまざまな人が「読売ダイレクト」と接しています。仕事に追われ忙しいと細かい部分を思いやれなくなり、余裕がないとおざなりになったり他人任せにしがちですが、なんとか想像力を働かせて、心情さえも汲み取れるような温度のある仕事をしていけたらと思っています。

イメージ写真

いろいろな“気付き“や”発見”の連続です。

良い商品が埋もれているのが勿体ない・・・とひそかに思い、独断と偏見(?)でサイトデザインのリニューアル案を提案しました。リニューアルして1年。まだぽつぽつとですが、埋もれていた商品が時々動くようになって嬉しいですね。次を計画しないと、と思っています。
反対に、一生懸命全力で取り組んだ仕事が、まったく成果が出なかったことがありました。正直言っていまだに敗因も薄ぼんやりしか分かりません。“物を売る”というのは、その商品の“品質の高さ”や“腕力”や“愛情”だけではどうにもならないということもある、ということをここで気付かせてもらいました。
「柔よく剛を制す」という言葉がありますが、商談でも制作打合せでも、堅いままでは本当のところが伝わらないということを知りました。いまでは、名刺交換をしてどれだけ早くその人の笑った顔を見られるかな?という気持ちでいつも席に着いています。

イメージ写真

ページの先頭へ