読売エージェンシー社員の、担当業務の紹介と仕事への想い、OFFのすごし方など

クリエイティブ

写真:小林 為津男

コミュニケーションネットワーク局
クリエイティブ部
小林 為津男

  • OFFICIAL
  • PRIVATE

“醍醐味”は、皆が求めていたものをかたちにする瞬間。

私の主な業務は広告制作における、クリエイティブパートの“立案”から“制作”、そして“進行”です。広告のなかでも新聞やチラシなどの紙媒体を主に担当していますが、案件によっては、TV-CMやWEB動画等も担当することがあります。
広告制作は、限られた時間や予算などの制約があるなかで、概念でとどまっている見えないものをかたちにする“おもしろさ”があります。クライアントはもちろん、一緒にチームを組む同じ社内の仲間や外部協力会社のスタッフ等、皆が求めていたものをかたちに出来た瞬間が、この仕事の“醍醐味”だと思います。

イメージ写真

クリエイティブ担当として、大事にしていきたいこと。

クリエイティブは明確な成否の基準がなく、アーティスティックな側面があるが故、明確な否定をしにくい部分があります。そんなとき大切なのは、自分だけの直感ではなく、その広告に携わる全ての人の“直感”です。その直感を満たしたアウトプットができたとき、一番ホッとします。
そして広告表現は一人でつくるものではなく、クライアントも含めたチーム全体でつくるものなので、その直感を満たした、“強いエッジ”を出すことを毎回目指しています。そしてこれからもクリエイティブ担当として、この点を大事にして広告を作っていきたいと思います。

イメージ写真

“相手の立場を尊重して、常に円滑なコミュニケ—ションを。

クリエイティブの仕事は、クライアントはもちろんですが、社内の各担当や、社外の協力スタッフとの“コミュニケーション”を抜きにしては仕事が前に進みません。その“コミュニケーション”で自分が一番大事に考えている事は、相手の立場に立つことです。お互いにとってどうすれば“一番いい方向に行くのか”をまず第一に考えます。
自分のいい方向と相手のいい方向が、いつも一致するとは限らないので、口で言うのは簡単ですが、いざやってみると、これがなかなか難しいものです。それでも普段から出来るだけ相手の立場を尊重し、円滑なコミュニケーションをとることをこころがけ、仕事に臨んでいます。

イメージ写真

気を取り直す時に思い出す言葉。「人は誰でもミスをする。」

この仕事を進めていくうえで、もうひとつ自分が大事に思っていることがあります。それはどんな仕事でも当たり前のことですが、ミスをできるだけしないこと。特にケアレスミスには気をつけています。つい気がゆるんでしまう時や、前向きになれないとき、調子が悪いときなど、ネガティブな時は誰にでもあるので、いつもいつもノーミスというわけにはいかない時もあります。
そんな時でも担当者全員で「確認メモ」を作成したり、確認の際は必ず複数の人間で行う「ダブルチェック」を徹底したり、細かい努力をすることが大事だと思い、仕事を進めるようにしています。それでも失敗してしまった時は、ずいぶん昔の広告で「人は誰でもミスをする。」という広告コピーがあったのですが、それを思い出して気を取り直しています。

イメージ写真

ページの先頭へ