伝えよう、「和食」文化を。和食が育む、日本人の味覚と食文化シンポジウム 第3回 日本全国こども郷土料理サミット

「和食;日本人の伝統的な食文化を次の世代に維持・継承していくことの大切さについて考えることを目的とした「日本人の味覚と食文化シンポジウム」。そして、全国のこども達が地元の郷土食に親しみ、その魅力を自ら情報発信する、郷土食の祭典「日本全国こども郷土料理サミット」。11月24日に『和食の日』を迎えるにあたって、本年度の集大成として開催いたします。

「和食」文化とは?「和食」文化とは、単なる料理ではなく「自然を大切にする」という日本人のこころに基づく食の習わしのこと。「いただきます」と言ったり、お正月に鏡餅をお供えするのも「和食」文化です。皆さんもシンポジウムに参加して、「和食」文化の魅力について改めて考えてみませんか?

「和食」文化の特徴

11月24日は「和食」の日

日本の食文化について見直し、「和食」文化の保護・継承の大切さについて考える日

和食が育む、日本人の味覚と食文化シンポジウム 『和食が育む、健康な未来』

和食が無形文化遺産となって3年、和食は日本文化を世界に売り出す点で大いに貢献しただけでなく、日本の長寿の秘密はバランスのとれた和食にあると世界からますます注目されています。また日本国内では生活習慣病の低年齢化や国民医療費の増大などの問題が指摘され国民の食と健康に対する関心は高まる一方です。今回は和食の特徴である「健康」に焦点を絞り、和食を国民健康構築の観点から考え、和食を見直す契機とします。

日時 平成27年11月23日(月・祝) 受付開始9:30 開演10:00〜(12:15終了予定)
場所 国連大学(東京都渋谷区神宮前5-53-70)MAP
参加人数 200名 (事前申込制) ※先着順
構成 挨拶 農林水産省
基調講演 熊倉 功夫氏 「和食が育む、日本人の味覚と食文化」
静岡文化芸術大学 学長、一般社団法人和食文化国民会議 会長
日本文化史・茶道史を専門とする歴史学者であり、文学博士。日本食文化のユネスコ無形文化遺産登録の際には検討会会長を務める等、日本の伝統的な食文化の保護・継承に取組む。
パネルディスカッション 「和食が育む、健康な未来」
司会:後藤 繁榮氏  (NHK「きょうの料理」アナウンサー)
NHK「きょうの料理」
1975年NHK入局。鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。現在、NHK日本語センター。Eテレ「きょうの料理」を担当して15年目。

パネリスト:
熊倉 功夫氏
静岡文化芸術大学 学長、一般社団法人和食文化国民会議 会長

笠原 将弘氏
「賛否両論」オーナー、和食給食応援団 東日本団長
「正月屋吉兆」にて修業後、実家の焼き鳥店の後を継ぐ。その後東京・恵比寿に日本料理店をオープン。テレビ、雑誌等への出演やレシピ本の執筆など多数。農林水産省「和食給食応援団」では団長を務め、全国の小学校に赴き、栄養教諭と連携して和食を継承する献立を開発、学校給食における和食給食実現を応援する活動を展開している。


市場 祥子氏
公益社団法人 全国学校栄養士協議会 相談役
長野県上田市出身。上田市立真田中学校等の勤務を経て、佐久長聖中学・高等学校の食育アドバイザーとして同校の食育活動を支援。内閣府の食育推進会議委員や社団法人全国学校栄養士協議会会長などを歴任。農水省「和食継承推進協議会」にも参加。給食は「望ましい食を学ぶ教材」が持論。


都築 毅氏
東北大学大学院 准教授 博士(農学)
東北大学大学院農学研究科博士課程修了。宮城大食産業学部助手、同助教授を経て2008年から現職。理想の和食の組み合わせが「1975(昭和50)年ごろの」和食であることを突き止め、日本農芸化学会で発表。日本食・和食・生活習慣病分野に関する研究を行っている。


石原 新菜氏
医師・イシハラクリニック副院長
1980年長崎県生まれ。小学校は2年生までスイスで過ごし、高校卒業まで静岡県伊東市で育つ。帝京大学医学部卒業、同大学病院で2年間の研修医を経て、現在父、石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、治療にあたっている。わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。7歳と4歳の二児の母。


  • 熊倉 功夫氏
  • 笠原 将弘氏
  • 市場 祥子氏
  • 都築 毅氏
  • 石原 新菜氏
  • 後藤 繁榮氏
  • シンポジウムのお申し込みへ
  • FAXでの申込用PDFをダウンロードする
【注意事項】
  • ・本シンポジウムは事前申込み制となっており、事前申込みのないお客様は、当日ご入場いただくことができません。
    観覧ご希望のお客様は、FAXもしくは申込みフォームより事前の申込みをいただけます様、お願いします。
  • ・先着200名で申込みを受付けます。招待状1通につき、1名様のみご観覧いただけます。
    複数人でご参加希望の方は、お一人ずつ事前申込みをしていただけますようお願いします。
  • ・本シンポジウムは、基調講演・パネルディスカッションと一連のプログラムになっており、一部プログラムのみの参加はご遠慮下さい。
  • ・万一、お申し込み登録完了後も招待状が届かないようでしたら、事務局03-5226-9908(平日10時~17時)までご連絡下さい。
  • 本シンポジウムの受付は9:30より行います。
    本シンポジウムと同日午後に開催する「日本全国こども郷土料理サミット」は同会場で行うため、入替え制となっております。
  • 本シンポジウム終了後、引続き「日本全国こども郷土料理サミット」をご観覧いただく予定のお客様も、舞台転換等準備のため、一度会場からご退出いただき再度入場受付を行っていただきます。予めご了承下さい。
  • 「日本全国こども郷土料理サミット」へのご観覧をご希望されるお客様は、別途お申込みが必要となります。

第二部:日本全国こども郷土料理サミット

全国各地域の子ども達が地元の郷土食に親しみ、その魅力を自ら情報発信し、日本の郷土食文化と出会う、参加・体験型の郷土食の祭典・『日本全国こども郷土食サミット』を開催いたします。当日はサミットの理解をより深めるため、全国の郷土料理についてゲーム感覚で愉しみ、学べる「クイズラリー」コーナーや、実際にサミットでこどもたちがプレゼンテーションを行った郷土料理を試食できる「全国の郷土料理試食」コーナーも併設いたします。

日時 平成27年11月23日(月・祝) 受付開始13:00 開演13:30~(17:30終了予定)
場所 国連大学(東京都渋谷区神宮前5-53-70)MAP
参加人数 300名 (事前申込制) ※先着順
構成 (1) 第3回 日本全国こども郷土料理サミット 13:30〜16:00
全国から集まった各ブロックの選抜者が、地域の郷土料理についてプレゼンテーションを行います。
司会:後藤 繁榮氏(NHK「きょうの料理」アナウンサー)
審査員:熊倉 功夫氏(審査委員長)、笠原 将弘氏、市場 祥子氏

  • 熊倉 功夫氏
  • 笠原 将弘氏
  • 市場 祥子氏
  • 後藤 繁榮氏
(2) 全国の郷土料理試食 16:00~17:30
全国9ブロックのこどもたちがプレゼンテーションを行った郷土料理メニューを試食できるコーナーを設置いたします。
  • シンポジウムのお申し込みへ
  • FAXでの申込用PDFをダウンロードする
【注意事項】
  • ・本イベントは事前申込み制となっており、事前申込みのないお客様は、当日ご入場いただくことができません。
    観覧ご希望のお客様は、FAXもしくは申込みフォームより事前の申込みをいただけます様、お願いします。
  • ・先着300名で申込みを受付けます。一度のお申し込みにつき、最大4名様までお申し込みが可能です。
  • ・イベントご入場の際は申込みいただいた代表者様へメールまたはFAXでお送りする招待状に記載の受付番号が必要になりますので、必ず申込みいただいた代表者様と一緒に来場いただけますよう、お願いします。
  • ・万一、お申し込み登録完了後も招待状が届かないようでしたら、日本全国こども郷土料理サミット事務局03-5226-9908(平日10時~17時)までご連絡下さい。
  • 本イベントの受付は13:00より行います。「日本食文化の魅力シンポジウム」からご観覧のお客様も、
    本イベントの受付を行っていただく必要がございますので、予めご了承ください。
シンポジウムの講演者、テーマ等断りなく変更する可能性があります。予めご了承下さい。詳細のお問い合わせにつきましては、下記宛てにご連絡下さい。

和食が育む、日本人の味覚と食文化シンポジウム事務局
電話:03-5226-9908    FAX:03-5226-9929    Eメールアドレス:symposium@yomiuri-ag.co.jp