伝えよう、「和食」文化を。日本食文化の魅力シンポジウム

本シンポジウムは、平成25年12月4日にユネスコ無形文化遺産登録された、「和食;日本人の伝統的な食文化」を次の世代に維持・継承していくことの大切さについて考えることを目的として、全国各地にて開催いたします。

「和食」文化とは?「和食」文化とは、単なる料理ではなく「自然を大切にする」という日本人のこころに基づく食の習わしのこと。「いただきます」と言ったり、お正月に鏡餅をお供えするのも「和食」文化です。皆さんもシンポジウムに参加して、「和食」文化の魅力について改めて考えてみませんか?

「和食」文化の特徴

11月24日は「和食」の日

日本の食文化について見直し、「和食」文化の保護・継承の大切さについて考える日

第一回:京都府 『学問として伝える、和食』

高等教育機関を通じ、「和食」文化を、伝えていく様々な取組みが始まっている京都府にて、学問的に教え伝えていくことの重要性と可能性について考えます。

日時 平成26年9月28日(日) 13:00~17:00(予定)
場所 京都府立大学 本館合同講義室棟 3階第3講義室(京都府京都市)MAP
参加人数 200名 (事前申込制) ※先着順
構成 挨拶 農林水産省
基調講演 朝倉 敏夫氏 「『和食』の無形文化遺産登録を受けて~食文化研究と和食」
国立民族学博物館 教授
世界諸民族の文化と社会及びグローバル化現象にともなう変化の研究を進める国立民族学博物館において、家族・食の視点から研究を行う。昨年 『和食』とともにユネスコ無形文化遺産登録された「キムチとキムジャン文化」をはじめ韓国の食文化についても精通している。
事例発表 高橋 拓児氏 「世界へと広がる『和食』の魅力」
京料理 木乃婦 三代目若主人、日本料理アカデミー
1968年京都生まれ。大学卒業後、「東京吉兆」にて修行を重ねたのち、京都で80年続く料理屋「木乃婦」の三代目若主人となる。
新たな料理法や素材に取り組み、京都の料理界に大きな影響を与える存在として注目を集めている。
現在は、京都大学大学院 農学研究科 修士課程 に在籍し、NHK「きょうの料理」講師も務める。


山崎 英恵氏 「食文化を学問する、龍谷大学の取組み」
龍谷大学 農学部 食品栄養学科 准教授
生きるための食、楽しむための食、伝統の食。様々な食の形を通して、人々の日々の幸せに貢献できるような研究がモットー。
海外におけるだし文化の紹介、伝統食の重要性や日本料理の紹介などの講演も行っている。


井澤 裕司 氏 「食文化を学問する、立命館大学の取組み」
立命館大学 経済学部 教授、国際食文化研究センター 事務局長
長年日本の文化人類学、民族学の研究をリードしてきた国立民族学博物館の研究者も招き、国内の大学では初となる食文化専門の研究機関を立ち上げた立命館大学の国際食文化研究センターの事務局長を務める。「食文化」の研究機関として、海外との連携も踏まえた活動が期待されている。


東 あかね氏 「食文化を学問する、京都府立大学の取組み」
京都府立大学 生命環境科学研究科 教授
京都に根ざした魅力的で個性ある大学の創造に取組む府立大学で、食と健康・農の専門分野を活かした「和食文化」の学際的な教育・研究を推進するため、学部学科等の設置の検討に取組んでいる。

パネルディスカッション 「学問として伝える、和食」
コーディネーター:山下 満智子氏
大阪ガス株式会社 エネルギー・文化研究所 副主任研究員、京都府立大学 共同研究員、
近畿大学 非常勤講師
京都府立大学 博士(学術)、京都府立大学 生活科学部 卒業。
家庭食の変化や和食文化の研究、実践活動に取り組んでいる。
日本調理科学会会員、「和食」文化の保護・継承国民会議幹事等を務める。

パネリスト:朝倉 敏夫氏、高橋 拓児氏、山崎 英恵氏、井澤 裕司氏、東 あかね氏
  • 朝倉 敏夫氏
  • 高橋 拓児氏
  • 山崎 英恵氏
  • 井澤 正裕氏
  • 東 あかね氏
  • 山下 満智子氏
定員に達しましたので募集を終了いたしました。

第二回:秋田県『地域で伝える、和食』

伝統的な日本の食文化が、地域の町づくりの一環として保護・継承されていくことの可能性と、地域で教え伝えていくことの重要性について考えます。

日時 平成26年10月23日(木) 開場:13:00 開演:13:30~17:00
場所 秋田大学 手形キャンパス 60周年記念ホール (秋田県秋田市)MAP
参加人数 200名 (事前申込制) ※先着順
構成 挨拶 農林水産省
基調講演 熊倉 功夫氏
「『和食』の無形文化遺産登録を受けて~食文化を次世代へ伝えるということ」

静岡文化芸術大学学長、「和食」文化の保護・継承 国民会議 会長
日本文化史・茶道史を専門とする歴史学者であり、文学博士。2011年、食分野の無形文化遺産登録を目指す政府の検討会会長を務め、現在「和食」会議の保護・継承 国民会議 会長を務める。
事例発表 佐藤 司氏
「伝統野菜等の魅力を通じて秋田の食文化を伝える、レストランイベントの取組み」

野菜ソムリエコミュニティあきた 代表
秋田県の野菜や果物、食文化の魅力を伝えるため、食楽育(食を楽しむ気持ちを育む事によって心を豊かにしていこうという考え)をテーマに秋田県の生産者や生活者のかけはしとなり、「食育」や「野菜と果物の楽しみ方」に関する講演のほか、野菜と果物の教室、レストランイベント「たまねぎ食堂」等の活動を行っている。

黒沼 貞志氏
「食と文化を次代に伝える、高校生による食の甲子園®とそこから生まれた物語」

おいしい山形の食と文化を考える会 事務局長代理
地域の食材から料理、その文化や歴史などまで調査・研究して創作料理レシピを考案・応募し、そのプロセスをプレゼン審査及び調理実技審査の総合評価で競うという高校生による「食の甲子園®」を実施。次代を担う若者たちに料理技術や出来栄えの優劣のみではなく、地域の食と文化を深く伝える取組は全国からも注目が集まっている。


佐藤 晄僖氏 「もち食文化を生かした、一関市の取組」
一関もち食推進会議 会長
『日本一のもち文化圏』ともいわれている岩手県一関地方の郷土料理・もち料理を生かし、「一関・平泉もち街道」や「全国ご当地もちサミット」などを展開。江戸時代からハレの食として親しんできた餅料理の価値を伝えること、地元のもち食文化を生かした多彩な地域おこしの取組を展開し、注目されている。


佐々木 信子氏 「秋田県における郷土食継承について」
秋田大学 教育文化学部教育実践講座 准教授
2014年4月から秋田大学で家庭科教育学講座を担当。「家庭科教育における食の地域性」をテーマに、秋田県の食生活の実態を調査し、秋田県の郷土食や甘味嗜好の経年変化のデータから地域の食文化のゆくえを考察。高校家庭クラブでは、「伝統食を未来に受け継ごう」と題して、食文化継承の可能性を探るプロジェクトを指導した。

パネルディスカッション 「地域で伝える、和食」
コーディネーター:熊倉 功夫氏
パネリスト: 佐藤 司氏、佐藤 晄僖氏、佐々木 信子氏
古山 裕喜氏 おいしい山形の食と文化を考える会 副会長
  • 熊倉 功夫氏
  • 佐藤 司氏
  • 黒沼 貞志氏
  • 佐藤晄僖氏
  • 佐々木 信子氏
  • 古山 裕喜氏
定員に達しましたので募集を終了いたしました。

第三回:東京都『家庭の食卓と、郷土食』

日時:平成26年11月24日(月・祝)、会場:国連大学(東京都渋谷区神宮前5-53-70) 11月24日は「和食の日」同時開催! イベント詳細・お申し込みはこちら
【注意事項】
  • ・本イベントは事前申込み制となっており、事前申込みのないお客様は、当日ご入場いただくことができません。
    観覧ご希望のお客様は、FAXもしくは申込みフォームより事前の申込みをいただけます様、お願いします。
  • ・先着200名で申込みを受付けます。招待状1通につき、1名様のみご観覧いただけます。
    複数人でご参加希望の方は、お一人ずつ事前申込みをしていただけますようお願いします。
  • ・本シンポジウムは、基調講演・パネルディスカッションと一連のプログラムになっており、一部プログラムのみの参加はご遠慮下さい。
  • ・万一、お申し込み登録完了後も招待状が届かないようでしたら、シンポジウム事務局03-5226-9908(平日10時~17時)までご連絡下さい。
シンポジウムの講演者、テーマ等断りなく変更する可能性があります。予めご了承下さい。詳細のお問い合わせにつきましては、下記宛てにご連絡下さい。

株式会社読売エージェンシー 日本食文化の魅力シンポジウム事務局
電話:03-5226-9908 FAX:03-5226-9929
Eメールアドレス:symposium@yomiuri-ag.co.jp
報道関係者お問合せはこちら


株式会社読売エージェンシー メディアPR担当 宮原
電話:03-5226-9957 FAX:03-5226-9959
Eメールアドレス:miyahara-n@yomiuri-ag.co.jp(宮原)