サービス&ワークス

ソリューション・サービスと主なプロジェクト・実績

熊本県・平成24年度首都圏新聞等広報業務

地域ブランド推進プロジェクト

クライアント

熊本県知事公室広報課

展開方法

  • 新聞
  • テレビ
  • ラジオ
  • 雑誌
  • 交通
  • OOH(屋外広告)
  • インターネット
  • ソーシャルメディア
  • イベント・講演会
  • パブリック・リレーションズ
  • SP・ツール
  • その他

実施エリア

首都圏

熊本県産米の魅力を首都圏に情報発信しました。

熊本県産米の「森のくまさん」「ヒノヒカリ」「くまさんの力」が、一般財団法人日本穀物検定協会が行う米の食味ランキングで2013年、最高ランクの特Aを獲得。中でも「森のくまさん」は、128銘柄の中で1位を、「ヒノヒカリ」も2位を獲得するなど、熊本県産の米が高い評価を受けました。しかし首都圏での認知度は低く、<「美味しいお米」=「東北産や北陸産」>というイメージが根強くあります。そこで首都圏に向け、熊本県産米が持つ美味しさや、その理由についてアピールし、その魅力の伝達とともに、認知度向上とブランドイメージの定着を目指したものです。

 

“くまモン”を活用した新聞カラー全面広告を、首都圏エリアに掲載。

日本人に最も身近なお米料理のひとつである「おにぎり」をメインビジュアルにしました。“日本一!”という大胆なキャッチフレーズと、海苔で表現したかわいい「くまモンおにぎり」は、読者の心を捉える表現となったのではないでしょうか。紙面下部では、3銘柄のお米とその特徴を紹介し、熊本県産米の魅力をしっかり伝えました。

 
  新聞15段広告

読売新聞都内版「題字下広告」を4回のシリーズで展開。

 題字下広告・4回シリーズ
人気のキャラクター「くまモン」をアイキャッチャーとして用いて読者の眼を引き、「くまもと米」の特徴や魅力を「くまモン」の語り口に乗せた最低限の情報のみで表現しました。

 

実績紹介一覧

  • 一覧に戻る

ページの先頭へ