閉じる

People

社員紹介

仕事を円滑に進めるには先を読むこと

仕事を進めるうえで普段から大切にしていることはありますか?
現在の担当業務である新聞の広告審査と割付調整において、常に心掛けていることは「先を読むこと」です。例えば、新規の広告原稿で問題のある表現が記載されていることに対して新聞社から指摘を受けた際は、指摘箇所をそのまま営業に伝えるのではなく、どのような表現だったらNGにならないかを事前に確認してから担当営業に伝えるようにしています。時に、クライアントと新聞社がお互い納得のできる表現を導き出すのは非常に難しいことがあります。しかし、当たり前のことかもしれませんが、営業やクライアントに対して選択肢をいくつか用意することによって、より円滑に業務をこなすことができると思うので、「先(営業やクライアントの気持ち)を読むこと」を心がけています。

社員紹介
日々の交渉がクライアントの要望をかなえる

この仕事のやりがいを教えてください。
クライアントによっては希望の面があったり、競合他社の同日掲載を避けたりする場合があります。それらの条件をすべて反映させることは難しい時もありますが、新聞社と毎日交渉し、クライアントの要望に添えたときは一番やりがいを感じます。
最初は新聞社の方々との交渉が苦手で、自分の考えやクライアントの意見を代弁することができずに流されてしまうこともありました。しかし、先輩方の交渉の仕方を真似ながら、日々自分なりにチャレンジしていくことで徐々に慣れることができました!

社員紹介
経験で培った交渉力を忘れない

忘れられない経験を教えてください。
広告審査において新聞社から指摘があった際に、自分が提案した表現が採用され、後日紙面に掲載されたときはすごく嬉しかったのを覚えています。
新聞は信頼性の高い媒体だということもあり、新聞広告にも信頼性が求められます。そのような中で、新聞社の方と交渉しつつクライアントの要望に応えることは難しいですが、日々頑張っております!特に、広告審査はメディア担当1年目の役割でもあるので、このような経験で培った交渉力を忘れずに日々精進していきたいです。

丁寧な仕事が信頼関係を生む

今後の目標を教えてください
「この仕事は樋口に任せたい!」と思ってもらえるような人になりたいです。
そのためには、まずは今の業務をきちんとこなしていくことが一番大切だと思います。基本的なことができるうえで、自分にしかできないことを増やしていきたいと思います。とにかく今は、丁寧に仕事をこなして新聞社の方や社内の方々と信頼関係を築きます!
他には、仕事での交流関係を大切にできる人になりたいです。現在主に新聞社で行動しているため、新聞社の方はもちろん、競合他社との交流もあります。社外の方々と関わる機会も仕事をするうえで大切だと思うので、読売エージェンシーを背負っていろいろな方と関わりたいです。

社員紹介
就活生のみなさんへ

就活中は孤独に感じるかもしれません。周りがどんどん内定を決めていったり、志望していた会社に落ちてしまったり、中には何十社も受ける方もいらっしゃると思います。しかし、それは絶対に無駄なことではないと思います。よく、就活では「自分の軸を大切に」などと言いますが、それは本当に大事なことだと思います。面接で、自分がどんな経歴を持っているかを話すことも良いかもしれませんが、やはり私は「自分は何をしてきたか」ではなく「自分はどういう考えを持っているか」を自信を持って言えることが大事だと思います。
就活生の皆さんが、自分の考えを良いと言ってくれる会社に出会えることを祈っております!

社員紹介一覧へ

Recruiting information

採用情報

新卒採用エントリーはこちら