新卒入社、中途入社、グループ会社からの出向など、社員には様々な人がいます。
この対談は新卒入社の田上さんと中途入社の萩生田さん。
それぞれキャリアの違うお二人に話を伺いました。

 

広告会社を目指した理由は?

私の前職は通販会社でした。そこではバイヤーを担当していたのですが、コピーライターやデザイナーに自分の仕入れた商品の選定理由や新しい使い方などの提案を行ったうえで広告を制作してもらっていました。
そしてその広告によって商品がものすごく売れた時、「人の心を動かす広告って凄いな」「広告の世界に飛び込みたいな」と思ったんです。それが広告会社を目指すきっかけになりました。

僕は広告会社にしぼっていた訳ではなく、マスコミ業界全般を受けていました。
そして内定が出た会社の中で一番自分の肌に合うと思った読売エージェンシーに決めました。
最後は直感で決めたと記憶しています。

 

働く環境はどうですか?

営業だからって部分はあるかもしれませんが、ある程度個人に裁量が与えられているので、自分でコントロールすることができます。もちろん同時に責任もありますが。

そうですね。若いうちから自分がやりたいことに挑戦できる環境はありますね。
自分でコントロールできるので、比較的休暇もとりやすいです。

問題があれば上司がしっかりとフォローしてくれる体制がある。
働くうえで、そこが一番大きいですね。

 

周りの人の雰囲気は?

いい人ばかりです(笑)
この会社には色々な人がいて、一見取っ付きにくい人でも実はすごく優しい人だったりします。
そんな人が多いかな。

雰囲気は良いと思いますよ。だから働きやすいと思います。

僕はマスコミ業界しか受けませんでしたが、将来の選択肢を広げるためにも色々な業界を受けていいと思います。自分の可能性は狭めないでください。そして最終的な結論が読売エージェンシーであればうれしいです。


エントリーシートを書くこと自体が目的になっていませんか?本来の目的は採用担当者に自分自身がどんな人間なのか伝えることです。ESや面接で一番大切なのは自分の思ったことを「素直に書くこと」「話すこと」だと思います。就活は大変だと思いますががんばって下さい!

TOP