採用担当者からのメッセージ

Who's That Knocking At The Curiosity Door?

みなさんは広告会社に入社してどんなことにチャレンジしたいと思っていますか?「クライアントに色々な企画を提案したい」「デジタルに関する業務に関わりたい」「テレビCMを作りたい」など、みなさん一人ひとりに思いはあるはずです。

一方で世界は劇的に変化しています。それに比例し我々の広告業界も変化し続けています。我社はこの変化に対応し、社を発展させなければなりません。

そのためには優秀な人材を採用することが必要不可欠であり、新入社員に求める理想の資質は5つあります。

 

新入社員に求める理想の資質

(1) 創造力

あらゆることに好奇心を持ち、自らのアイデアを創造することができる

(2) 実現力

具現化した自らのアイデアを、クライアントに提案できる

(3) コミュニケーション力

社外・社内を問わず、大勢の人とコミュニケーションを図りながら業務を遂行できる

(4) 先回り力

何をすれば結果につながるか、何をすればチャンスを獲得できるか、未来を想像して誰よりも早く先回りし結果を出すことができる

(5) 粘り強さ

スマートではない地道な業務でもやりきることのできるタフな精神力

しかしすべてを兼ね備えた人間はいませんよね。

自分が持つアイデアをもとに企画を考えクライアントに提案する力や先を見据えて行動する力は、入社後の新入社員向け広告ビジネス研修や配属先での業務経験を通して身に付けることができます。

だからこそ、みなさんには普段から色々なことに興味を持っていて欲しい、好奇心旺盛であって欲しい。

広告会社はチームで仕事を進めます。仕事を進めるうえで大勢の人と関わります。その中には学生時代に会ったこともない癖の強い人もいるでしょう。しかしそんな癖の強い人のことも理解し、お互いに話し合いながら仕事を進めていって欲しい。

広告会社についてみなさんはどんなイメージを持っていますか?一見華やかに思われがちですが、泥臭く地道な仕事の積み重ねです。その積み重ねがあって初めて、世の中をあっと言わせる企画が生まれるのです。どんなに大変なことでも逃げないで業務をやりきって欲しい。

変化の激しい業界だからこそ様々なチャンスがあります。 みなさん、自分の心の中にあるたくさんの好奇心を大切にして、その好奇心の扉をノックし続けてください。その扉の先にあるアイデアや自身の理想を実現させるために。

好奇心の扉をノックするのは誰だ?

それはあなたです。


 
TOP